ハンドピュレナの正しい使用方法!これがコツ!

 

手のエイジングケアができると人気の「ハンドピュレナ」。

 

正しい使用方法や、実感するためのコツがいくつかありますので、合わせて紹介します。

 

 

正しい使用方法

 

 

ハンドピュレナを使うのは、1日2回!

 

寝る前」と「日中の都合のよいタイミング」です!

 

 

寝ている間は「シンデレラタイム」と言われ、肌が綺麗になる時間。

 

このシンデレラタイムを使わない手はありません!

 

肌にしっかり美容成分を補給して、肌を綺麗にしてもらいましょう!

 

 

日中に使う時は、ハンドピュレナを使った後で水仕事をしないタイミングを狙いましょう。

 

ハンドピュレナを使った後すぐに手が濡れてしまうと、補給した美容成分が流出していまいます。

 

ですから、日中で一番手を使わないタイミングに使うと良いですね。

 

 

どうして1日2回使うの?

 

ハンドピュレナは、発売前に、第三者機関(外部機関)によってモニター調査を実施済み!

 

この試験方法は、1日2回・朝晩に適量を使う、というもの。

 

その結果、しっかり実感できるという結果に!

 

ハンドピュレナは1日2回、きちんと使用することが大事なんです。

 

 

 

ハンドピュレナのクリームには、小さな粒が入っています。

 

この粒は「ビタミンE誘導体(トコフェロール・保湿成分)配合のカプセル。

 

ビタミンEは、不安定で、水に溶かすと安定しにくい特徴を持っています。

 

だから、ハンドピュレナはカプセル状にして配合しているんですね。

 

 

ハンドピュレナで効果を実感するための使用方法&コツ!

 

ハンドピュレナでしっかり実感するための使用方法と、使用方法のコツ・ポイントを紹介していきます。

 

少しの使い方でも違いが出ますので、正しくポイントを押さえて使えるように、下記をご覧下さい。

 

 

■実感のためのコツ@

 

ハンドピュレナを使うのに、手が濡れたまま使うのは良くないです!

 

水分とクリームが混ざり、ハンドピュレナがもつ力が発揮できなくなってしまいます。

 

必ず、乾いた手に使うようにして下さいね。

 

 

・手順@

 

目安量は「両手でパール大(直径1cm)」です。
たくさんの量を一度に使ったからと言って、効果をより実感できることにはなりません。
使用量を守って使ってくださいね。

 

 

 

・手順A

 

左右の手の甲全体に、クリームをのばしていきます。
手の甲の全体に広げるようにしてくださいね。

 

 

 

・手順B

 

最後に、手のひらで優しく包むように温めながら全体にハンドピュレナをなじませます。
「温める」のが大切なポイントですよ。
温めることで、さらに美容成分の浸透がよくなりますよ。

 

 

 

■実感のためのコツA

 

ハンドピュレナの基本的な使い方とコツは上記です。

 

そして、さらにより実感するためのコツがあるんです。

 

ハンドピュレナを使った後に「ハンドマッサージ」をすることで、美容成分を肌に浸透させることができるんです。

 

 

 

・ハンドマッサージ手順@

 

手の甲を軽く押さえ、親指で3回ほど円を描くように全体を優しくマッサージします。

 

 

 

・ハンドマッサージ手順A

 

指の付け根の部分(指と指の間)を、親指と人差し指でおさえて2回ずつ滑らせるように、優しくマッサージします。
親指〜小指にかけて、おこなってくださいね。

 

 

 

・ハンドマッサージ手順B

 

最後に、指を1本ずつマッサージします。
上下左右に交互におさえながら、2回ずつなぞるように滑らせて優しくマッサージします。

 

 

 

上記の手順@〜Bを、反対の手も同じようにおこなってくださいね。

 

 

※1日2回のマッサージをすることができない場合はどうすれば良い?
基本的な使い方に加えて、このマッサージをおこなうのが良いですね。
ですが、マッサージを毎回することが難しい場合は、1日1回だけでもこのマッサージをおこなうようにすると良いですね。
この方法は、ハンドピュレナに同封されている「使い方 BOOK」にも掲載されていますから、確認してみてくださいね。

 

 

こちら⇒一度使ってみて!手の若返りに!ハンドピュレナ公式